おでかけ 日本文化

深大寺の仏像が国宝指定されて、フィーバーしとる

投稿日:

疲れた夫のために、ふらっと身近なお寺に行こうという企画を立て、何の気は無しに深大寺を選びました。

まあ近いし、ぐるっと見ておいしいおそば食べて帰りますか? みたいな。

そしたら、前回の★深大寺そば店「雀のお宿」。あれ?ここ鎌倉でしたっけ?と錯覚するよという記事にも書いた通り、非現実感半端なくて、ちょっとした小旅行気分になれました。

2017年、国宝フィーバーする深大寺

なんか、そこかしこに「国宝!」「国宝!」と書いてあるので何かと思いきや、深大寺にある釈迦如来像というのが、2017年の3月に国宝に認定されたそうで。

なりたてほやほや!
だから観光客の方がこんなに多いんだ!
(平日でしたが、元気なシニアがいっぱいでした)

仏像を写真に撮るのはいけない気がして遠慮したので、公式ホームページからお借りします。


http://www.jindaiji.or.jp/about/kokuho.phpより引用

慎み深く、しかし心が強そうなお姿です。

本堂ではない!

この国宝、地味に目立たないところにあります。
一番正面、大きな本堂の中は、一生懸命見なければよく見えません。
(よく見たい人はお賽銭を投げてねということでしょうか?違)

でもね。
本堂の前で一生懸命お賽銭投げながら見たとしても、残念ながらそこには国宝はありません。

西側のはしっこにある、小さな釈迦堂。
鉄筋コンクリート造でガラスが貼られた、ちょっと情緒のない建物ですが、そこに、国宝の白鳳仏が安置されています。
木造の伝統的な建築物ではないので、情緒はあんまりないですが、良い保存状態を保てそうだなとは思いました。

ゲゲゲ以来のフィーバー

深大寺がフィーバーするのは、ゲゲゲの女房以来ではないでしょうか。
ドラマのブームはいつか去りますが、国宝であれば、ながーく、定番のスポットになりそうです。

-おでかけ, 日本文化

執筆者:

関連記事

伝統文化が一目でわかる本『江戸の手しごと』がすてきだった(ムックレビュー)

先日『器の教科書』の記事を書きましたが、同時に『江戸の手しごと』というムックも買ったので、きょうはそちらのレビューを。 → 江戸の手しごと―東京で出会える伝統工芸・文化・食―『nid』別冊MOOK  …

和食器の世界へようこそ!写真が美しい『器の教科書』で学んでみました(ムックレビュー)

CasaBRUTUSのムックを買いました。 『器の教科書』と言うタイトルで、「教科書」の名にふさわしく、基礎の基礎から丁寧に解説されています。 カーサブルータスならではの作り 器の「いろは」を、カーサ …

心和庵の展示販売 @横浜高島屋。30分で箸置きほぼ完売してた

夫がすっかり夢中の、心和庵(こよりあん)の和食器。 「どうしても箸置きが欲しい」と可愛く言うので、買いに行くことにしました。 箸置きはひとり5点まで インスタでききつけた事前情報によると、入場制限のよ …

夏の季語「坂東太郎」。え?和食レストランじゃないの?

昨日★早春の季語「冴え返る」。中二病全開の歌を詠んだのを思い出したという記事でもご紹介した、俳句の季語に関する本『日本のたしなみ帖 季節のことば』。 それで知った、衝撃の事実。 「坂東太郎は、入道雲の …

多摩市にある「想工房」で、陶芸体験をしてきたよ!

うちは、夫が平日休みのため、子供達が学校に行っている間によくデートをします。 (★関連記事:【育児】夫は基本平日休みですが、メリットしか感じません) 先日、陶芸体験をしてきました。 はじめての電動ろく …