深大寺の仏像が国宝指定されて、フィーバーしとる




疲れた夫のために、ふらっと身近なお寺に行こうという企画を立て、何の気は無しに深大寺を選びました。

まあ近いし、ぐるっと見ておいしいおそば食べて帰りますか? みたいな。

そしたら、前回の★深大寺そば店「雀のお宿」。あれ?ここ鎌倉でしたっけ?と錯覚するよという記事にも書いた通り、非現実感半端なくて、ちょっとした小旅行気分になれました。

2017年、国宝フィーバーする深大寺

なんか、そこかしこに「国宝!」「国宝!」と書いてあるので何かと思いきや、深大寺にある釈迦如来像というのが、2017年の3月に国宝に認定されたそうで。

なりたてほやほや!
だから観光客の方がこんなに多いんだ!
(平日でしたが、元気なシニアがいっぱいでした)

仏像を写真に撮るのはいけない気がして遠慮したので、公式ホームページからお借りします。


http://www.jindaiji.or.jp/about/kokuho.phpより引用

慎み深く、しかし心が強そうなお姿です。

本堂ではない!

この国宝、地味に目立たないところにあります。
一番正面、大きな本堂の中は、一生懸命見なければよく見えません。
(よく見たい人はお賽銭を投げてねということでしょうか?違)

でもね。
本堂の前で一生懸命お賽銭投げながら見たとしても、残念ながらそこには国宝はありません。

西側のはしっこにある、小さな釈迦堂。
鉄筋コンクリート造でガラスが貼られた、ちょっと情緒のない建物ですが、そこに、国宝の白鳳仏が安置されています。
木造の伝統的な建築物ではないので、情緒はあんまりないですが、良い保存状態を保てそうだなとは思いました。

ゲゲゲ以来のフィーバー

深大寺がフィーバーするのは、ゲゲゲの女房以来ではないでしょうか。
ドラマのブームはいつか去りますが、国宝であれば、ながーく、定番のスポットになりそうです。










お役に立ちましたらシェアお願いします!